みなさん、こんにちは。8月も終わりに近づき、そろそろ夏休み気分も抜けてきた頃でしょうか? 先週のこのメールで、トヨタ自動車が帝人にポリ乳酸の実証プラントを売却したニュースをお伝えしましたが、その後の取材で、帝人の狙いなどが明らかになりました。
 帝人は、ポリL-乳酸とポリD-乳酸を融解して、結晶化した耐熱性の高いステレオコンプレックスポリ乳酸の本格事業化を急いでいるわけですが、同社がトヨタ自動車の実証プラントを購入した狙いは2つあります。1つは、現状、ステレオコンプレックスポリ乳酸を製造できる実証プラントの生産能力が限られていたので、それを増強するため。ちなみに、帝人が持っているのは岩国事業所にある年産200t(ステレオコンプレックスポリ乳酸ベース)の実証プラントだけだったので、トヨタから年産1000t (ポリ乳酸ベース)の実証プラントを購入すれば、試作品などを作る分にはそこそこの生産能力を備えることになります。
 もう1つの狙いは、原料の多様化。前述の通り、ステレオコンプレックスポリ乳酸を製造するのにはポリL-乳酸とポリD-乳酸が必要ですが、L体にしろD体にしろポリ乳酸を作る原料が必要です。帝人の岩国事業所で使っている原料は、乳酸の環状2量体であるラクチドでした。ラクチドは乳酸からポリ乳酸を重合する際の中間物質ですので、乳酸から作るのに比べて、ラクチドから作ったほうがより簡単にポリ乳酸ができるというメリットはあるのですが、L体とD体の両方のラクチドを製造している企業は世界でも限られています。おそらく価格も、乳酸の価格などに比べて安くないと思います。 
 そこで、トヨタから実証プラントを購入し、乳酸からステレオコンプレックスポリ乳酸の製造を試みてみようというわけです。もちろんD-乳酸も製造している企業が多いわけではありませんが、基礎研究レベルではD-乳酸を高純度で高生産する菌のスクリーニングが精力的に行われており、こういった成果が実用化されるのもそう遠くはなさそう。帝人にとって、実証プラントの購入は、原料を多様化してさまざまな状況に対応できるような体制を整える意味があったと私は考えています。 
 で、話は2008年8月27日から仙台で開かれている日本生物工学会総会に移ります。この手の取材をしていたこともあり、最近、どうしても興味が乳酸に行きがちなのですが、あえてそれに逆らうことをせずに、学会速報ということで、乳酸関連で気になっているものをご紹介します。 
 気になっているのは、豊田中央研究所とトヨタ自動車が共同で、ワイン酵母OC2 を使って、高純度かつ高効率に乳酸を産生する生産系を開発した演題と、京都工芸線維大学がリパーゼを用いてD、L-乳酸を光学分割する手法を開発した演題、それから武蔵野化学研究所などが非組み換えD-乳酸生産菌を見つけた演題です。 
 中でも、武蔵野化学研究所の研究は、消費者、市場を意識して非組み換えのD-乳酸生産菌を使いたい企業にとっては朗報と言えそうです。また、豊田中央研究所の発表については、日経バイオテクオンラインに記事を書きましたので、そちらも合わせてご覧ください。 
 今回の日本生物工学会総会は、大学院入試と日程が重なって参加できない研究者が多いためか、バイオマスブームの割にはちょっぴり閑散としておりますが、私は最終日まで取材して、日経バイオテク・オンラインに記事を書きますので、ぜひ、毎日チェックしてください。
                               記者 久保田文
 
※※みなさまからのご意見、ご批判をお待ちしております。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html
 
 
◆BTJの関連記事◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           農業・環境関連の記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
続報、帝人がトヨタからポリ乳酸実証プラントを取得した狙い
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/5440/ 
トヨタ、国内化学メーカーにポリ乳酸の実証プラントを売却
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/5386/ 
2025年時点で一次エネルギーの5%をバイオマスに、
石油依存度を20%に減らしたいインドネシア政府が国家目標
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/5508/ 
海外発表、Novozymes社、2008年上期決算で売上高は前年比9%増、純利益は7%増
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/5395/ 
海外発表、POET社、
セルロースエタノール生産用パイロットプラントは08年中に稼働へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/5400/ 
海外重要発表、
BP社とVerenium社、セルロースエタノールの商業化を加速するため提携
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/5464/ 
海外重要発表、Eli Lilly社、Monsanto社のウシ成長ホルモン事業を買収
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/5463/ 
※※記事全文をお読みいただくには「日経バイオテクオンライン」への申し込みが必要です。申し込みはこちらから。
http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/