本日は東京でぐずぐずしております。今朝ほど、完全に匿名化しつつ健康情報を利用できるすばらしいシステムについて、日立ソリューションズで取材したばかりですが、これは今週以内に記事を書きますので、申し訳ありませんが、今回はお預けです。
 さて、まずはお知らせです。残席も僅かとなりつつあります。後5日で申し込みを締め切ります。どうぞ、お早めにお申し込み願います。12月21日午後、品川で今年最後のBTJプロフェッショナルセミナーを開催いたします。
 抗体医薬、ワクチンの後の新薬開発の中心は、再生医療と核酸医薬であることは間違いありません。自家細胞移植では医療行為としての側面が強く、企業の参入障壁が大きいのですが、再生医療で万能細胞が活用できるようになれば、まさに細胞医薬として企業化が可能となります。今回のセミナーでは、米国で今年11月にヒトES細胞の臨床試験が始まり、我が国でもやっとヒトiPS細胞の臨床研究が解禁されたことを受け、新たな段階に突入した再生医療を議論します。
 我が国でもヒトES細微やヒトiPS細胞を活用した臨床研究がリアルな課題となってきたのです。今回はヒトES細胞とヒトiPS細胞の臨床応用を牽引する研究者を、京都iPS研究所、国立成育医療センター、そして慶応技術大学から招聘いたしました。また、恒例の白熱のパネルディスカッションには、厚労省の幹細胞臨床研究の担当者、そして医薬品・医療機器総合機構の生物系審査第二部の部長も参加、本気で再生医療をどうやって実現するか、周知を集めます。会場からも是非鋭いご意見をいただきたく、皆さんのご参加を心待ちにしています。詳細は下記をご参照の上、お早目にお申し込み下さい。 早い者勝ちです。
http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/seminar/101221/
 さてやっと個の医療です。
 次世代DNAシーケンサーが、個の医療を大きく変える兆しが出てまいりました。2008年から着手された1000ゲノムプロジェクトの成果が2010年11月9日にウェブサイトで発表されました。今回の発表では、628人の全ゲノムシーケンスデータから割り出された、SNPs(一塩基多型)が公表されました。SNPsを計算するために、2010万0804個のシーケンスデータをヒトゲノム上に割付る必要がありました。膨大な作業です。これは次世代シーケンサーなしにはできない仕事です。2500万SNPsが公開され、疾患遺伝子探索研究などを加速しました。
http://www.1000genomes.org/
 今まで私も、1000人ゲノムプロジェクトだと思い込んでいましたが、正式な名前は1000GENOMES PROJECT、次世代シーケンサーによるディープシーケンス(高精度シーケンス)によって、ヒトのSNPsの包括的なカタログを整備しようというプログラムです。これによって、現在、疾患関連遺伝子の探索などに駆使されているゲノムワイドの連鎖解析(GWAS)に多種の民族の高精度SNPsを提供し、疾患関連遺伝子の探索や個の医療のインフラ整備を加速しようというのが狙いです。目標は集団に1%以上頻度で出現するSNPsを95%以上、カタログ化しようというものです。また、小規模なゲノムの挿入や欠失や大規模なゲノム上の構造変異のカタログ化も狙っております。
 現在までに3種のパイロットプログラムが公表されています。最初は2種の集団から6人のゲノムを20倍から40倍解析(これによって高精度となる)するプロジェクト。第二は4種の集団から179人のゲノムを2倍から4倍解析するプロジェクト。そして今回発表されたのが、7種の集団から628人のゲノムを20倍から50倍解析した第三のパイロットプログラムでした。これによって、地球上の多様な集団から多数の人数のゲノムを全ゲノム解析してSNPsを解析できる確信を得たことになります。
 現在、1000GENOME PROJECTは、本プログラムとして28種の集団から2500人のゲノムを解析するプロジェクトを進行させています。今年11月の段階で、1100人分のゲノムの4倍から6倍のシーケンスが終了、2011年第一四半期に公表される見込みです。全エクソンのシーケンスデータやIllumina社のSNPsチップなどによって解析されたデータも公開される予定です。2012年までには、800人分のゲノムの2倍から6倍の解析データが蓄積される予定ですが、私はこれは控えめな数字だと考えています。現在の次世代シーケンサーの能力向上曲線を考えれば、2012年には1000人以上のゲノムのディープシーケンス(20倍から40倍以上)が完了すると期待しております。
 ゲノム解析に基ずいたin silicoの個の医療の足音も聞こえて来るではないですか。
 皆さんも、今週もどうぞ御元気で。