現在、横浜に滞在しています。幸いなことに、横浜の雨は上がっています。
 本日より、我が国最大のバイオ展示会・シンポジウム、そしてオープン・イノベーション・アリーナに成長した、BioJapan2009を開幕いたします。
 昨夜展示会場を観て回りましたが、今年は大手製薬企業を中心、32社も出展皆さんのアイデアや技術シーズを求めています。準備万端を整えて皆さんをお待ちしています。単なる産業展示会ではなく、知識資本主義のための展示会を夢見て来ましたが、やっとここまで来ました。
 国内外の大手企業が我が国発のベンチャーを育て、大学・研究機関との共同研究を心の底から望んでいます。生命科学やバイオテクノロジーの技術革新の99%以上は1企業の社内で起こっています。冷静に考えれば、企業成長のために産学連携は不可欠なのです。
 個の医療も、従来、万人に効果があり、万人に害のない医薬品(科学的にはこれは幻想でした)を開発してきた既存の製薬企業にとっては、非連続的な技術革新です。社内では対応するための人材も知恵もありません。加えて、頭の古い指揮命令系統や従来の幻想に固着する研究トップも存在します。
 社外の知恵と共同開発なしには、実は個の医療の実現も遠き夢なのです。
 是非とも、10月7日から9日までパシフィコ横浜で開催するBioJapan2009にご参加いただき、オープンイノベーションの波を体感願います。
 会場はワイアレスでインターネットが誰でも利用できます。マッチング・ソフト(無料)をご活用いただければ、大手製薬企業や海外のクラスター、そしてバイオベンチャー企業にも面談予約が取れます。会期前に既に、昨年の面談予約850件を上回る予約が成立しています。
 新しい世界を体験願います。各企業とも皆さんを育成する意欲満々です。まずは面談や展示ブースめぐりをして、大企業やベンチャーとのネットワークを形成いたしましょう。
 今回は主要大学、理化学研究所、産総研、JSTなど我が国のバイオのトップ研究機関も参加しています。精選されたバイオ研究の最先端にアクセスしたい読者に好適です。どうぞ下記より、展示会場の事前予約をなさり、無料入場券を入手した上で、ご参加願います。
http://expo.nikkeibp.co.jp/biojapan/
 セミナーも開場前に並べば、ほぼ聴講可能です(一部は本当に満席で不可能、ご容赦願います)。
 横浜のBioJapan2009でお会いいたしましょう。