2007年のヒトiPS細胞樹立から始まったわが国の挙げてのiPS細胞研究支援体制にも、もうすでに綻びが生じてきました。
 09年3月31日に、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)がiPS細胞等幹細胞産業応用促進基盤技術開発プロジェクトの採択結果を公表したが、iPS細胞開発の元祖である京都大学のグループが提案していたiPS細胞の標準化と一般頒布のための基盤技術開発が落選、代わってNEDOと同じく経産省の影響下にある産業技術総合研究所、東京大学など7機関の共同提案と東京大学の単独提案が採択されました。関係者一堂、あぜんとし、苦笑を漏らすしかなかったのです。
https://app3.infoc.nedo.go.jp/informations/koubo/koubo/EK/nedokoubo.2009-03-27.5203534057/
 発表された結果を見る限り、5年間で総事業費55億円も突っ込む大プロジェクトは迷走しているかの如く見えます。「オールジャパンというのは、文科省傘下の機関のオールジャパンの協力体制というのが実体なのか」と嘆息すら聞こえてきます。NEDOには充分な説明を求めたい。
 実際、文科省がiPS細胞の基礎研究・応用研究の拠点として定めた京都大学、東京大学、理化学
研究所、慶應技術大学の4拠点との連携が、今回のプロジェクトでは断線しています。公正を期する
ために申し上げますが、NEDOのプロジェクトではもう1社、社団法人バイオ産業情報化コンソーシアム(JBIC)も採択されており、この中で、安全かつ効率的なiPS細胞作製のための基盤技術の開発で、共同研究者として京都大学の山中教授が入っております。
http://www.jbic.or.jp/
 今回の採択結果は非常に複雑で、3課題(1、安全かつ効率的なiPS細胞作製のための基盤技術の開発、2、iPS細胞等幹細胞の選別・評価・製造技術等の開発、3、iPS細胞等幹細胞を用いた創薬スクリーニングシステムの開発)を全部まとめて引き受けたのはJBICであり、課題の2のみを研究するために採択されたのは、産総研など7機関と東京大学でした。JBICに割り当てられる予算の一部が、iPS細胞の元祖、京都大学の山中研究室に流れる構造です。
 全体をJBICが請負ながら、独立して2つのチームが課題の一部をやる研究プログラムは実際の運営を考えると極めて疑問です。こんな複雑な構造の研究プロジェクトがまともに遂行される筈はないと思います。形を濁しただけで、分散研究となり、研究費も知財もどこかに消えるのが見えているではないですか。
 更に言えば、iPS細胞の標準化と世界の研究者にこれこそがiPS細胞細胞だと頒布し、iPS細胞のデファクトスタンダードを取り、わが国に世界の研究情報が自然と集まる仕組みを構築することが喫緊であるにもかかわらず、申し訳ないがiPS細胞に関してはほとんど経験のない素人同然の組織だけが参画してプロジェクトを進めるとは言語同断です。
 勿論、標準化や大量培養などについては、今回採択されたチームに知識集積があるでしょうから、これらのチームとiPS細胞の基礎・臨床応用研究を進めている4拠点が共同研究を行う構造にしなくてはなりません。
 iPS細胞細胞の困ったことは、一回の遺伝子導入で沢山の性格が異なるiPS細胞株を樹立できてしまい、しかも外見ではどれが有用なiPS細胞であるか、区別できないことです。しかも、分子生物学的なマーカーもまだ分かりません。ヒトES細胞もマウスとは異なり、ES細胞由来の個体(つまりクローン人間)を作製してES細胞の品質を確かめることが倫理的・法的にできないため、マウスES細胞のような標準細胞ができあがっていない状況です。理想的、標準的なヒトESもまだ決まっていないため、ヒトES細胞に限りなく近いiPS細胞が良いiPS細胞であると定義することもできません。
 良いiPS細胞とは何か、これを追求するのがこの1年の課題」と再生医療学会で山中教授は明言しています。スペックも決められないのが今のヒトiPS細胞の現状なのです。あたかも完全なiPS細胞がもう樹立されており、それを単純に標準化し、大量生産するといった産総研が得意とする問題解決手法や役に立ちません。
 では、どう良いiPS細胞を定義するのか?
 「現在では医薬品のスクリーニングや再生医療に役立つ分化細胞を製造し易いiPS細胞が良いiPS細胞であると定義せざるを得ない」と山中教授は指摘しています。ということは、分化誘導に熟練し、分化した細胞の生理機能や安全性を評価できる研究者と共同研究研究する必要があるのです。つまり文科省やJSTでiPS細胞細胞の分化誘導法を開発している研究者の参画こそ不可欠です。この研究手法では神経細胞に分化し易いヒトiPS細胞など、分化に偏りのある標準iPS細胞株が実用性の観点から開発されるようになると思います。
 では多能性を保持したヒトiPS細胞の標準株はどうするのか。これは元祖の山中教授が決めるしかないでしょう。きっと技術開発の進展により、山中1号、2号といった(今は世代であだ名していますが)標準細胞株が提供されていくことになるのではないでしょうか。それにつけても、やはり京都大学のiPS細胞研究センターのグループとの共同研究がどうしても必要となります。
 何故こんな簡単なことが分からないのか?
 オールジャパンを文科省のオールジャパンに矮小化させないために、今こそ総合科学技術会議の
真価が問われています。省庁をまとめるオールジャパンの司令塔を早急に設置、わが国の総力を挙げる研究開発行うべく機能させなくては米国のiPS細胞研究に対抗することは不可能でしょう。
 山中教授や京都大学に研究資金が集中することを嫌う研究者も多いですが、iPS細胞研究は細胞生物学の猛烈な興隆を招き、新薬開発も加速するものです。10年待てば、皆さんにも研究費の増加として還元されることは必定、今はiPS細胞の研究費の分け前をただ狙ったり、不平を言ったりするよりは、来るべき細胞生物学や細胞社会学に貢献する研究開発を構想すべき時だと思います。
 皆さんはどう、思われますか?
         Bioechnology Japan Webmaster 宮田 満