今週は、東京におります。これからシンガポールの科学長官と会食兼インタビューです。
 楽しみではありますが、という訳でばたばたしており、本日は短めで失礼いたします。
 我が国の個の医療の基礎研究プロジェクトである「オーダーメイド医療実現化プロジェクト」の第二期が始まりました。私も推進委員を拝命いたしましたが、今回は第一期で集めた30万症例弱のDNAと血清、そして臨床情報を活用して、疾患関連遺伝子や副作用に関連した遺伝子の解析を本格化します。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/9278/
 今後はライフスタイルの情報やより詳細な医学情報、そして追加の血清の収集を第一期のプロジェクトに参加した患者さんの協力を得て収集していきますが、主力は、皆さんのような今はプロジェクトの外にある研究者との共同研究であります。
 皆さんの知恵を拝借して、バイオバンクジャパンに収集した患者さんの善意の賜物を、どうやって革新的な診断法や治療法に繋げるべく努力したいと思いますのでどうぞ宜しくお願いいたします。
 1月29日に第一回の推進会議が開かれましたが、その折、第一期に引き続き、第二期のチームリーダに就任した、東京大学医科学研究所の中村祐輔教授が「オバマ大統領は、議員時代に個の医療を推進する法案を米国議会に提出している」と指摘しました。勉強不足で知らず、びっくりしましが、調べてみると、間違いもない事実でありました。
 新聞報道ではグリーンニューディールと環境分野のてこ入れだけが目立つ、オバマ新大統領ですが、実は医療改革にも本質的な手を加えようとしています。現在、勉強中ですので、詳細は来週、このメールで報告したいと思います。
 皆さん、今週もどうぞお元気で。
                Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満
                個の医療サイト
                http://biotech.nikkeibp.co.jp/pmn/index.jsp
ps
 このメールに対するご意見・ご感想は下記のブログ「ウェブマスターの憂鬱」でご投稿願います。