写真:丸ビルのクリスマスツリー。東京のベスト3には入るでしょう。ツリーが点灯されると、なんだか前向きに年末に向って進むような気になります。
 とうとう師走になってしまいましたね。
 今年は暖冬なので、東京の桜葉も黄土色のまま散り始め、紅色に変ずる前に落ちることを嘆いていました。が、何とかここのところの冷え込みで、四ツ谷の土手の桜も散り残りの葉に紅を浮かべるようになりました。この葉を失うと、冬将軍の支配が始まります。
 冬の訪れのプレリュードが落葉です。昨日はまるで雨のように葉が落ち、家の前の路を竹箒で空しく掃くも、掃いても掃いてもちり積もる落ち葉。むきになることは本当はありませんが、汗までかきました。しかし、落ち葉かきに便利な竹箒を良く見ると、少なくとも300年以上前から変っていない風情です。今、夢中になっている隆慶一郎の時代小説の下人が御所の庭を掃いている箒そのままです。
 落ち葉との格闘で、我が国の伝統を知る日暮れ時。
 女子フィギアスケートもわが国の伝統になったと言うべきでしょう。浅田選手も自信を回復、今月、ライバルであるキムヨナ選手の決戦に挑みます。多分、上位選手は総てアジア、あるいはアジア系の選手が独占するだろうと思います。
 さてバイオです。
 現在、新幹線で京都に向っております。国際会議場で開催される日本免疫学会の取材で、もう紅葉というよりは、枯葉散る古都を訪れます。免疫学は本当にコロコロ学説が変るので、この学会に参加しないと免疫学の浦島太郎になってしまう恐れがあります。
 本日も勉強、勉強です。
 何故、免疫学がこんなにも毎年変貌するのか?
 一つはこの学問がかなり頭でっかちというか、哲学的というか、つまり学説が先行するタイプの学問を今までやっていたという伝統があります。地道な生化学のような物質レベルの議論よりも、アイデアを競う傾向があるといったら失礼になりますか。これは免疫学が実勢の病気に深く関与しているということに過半の理由があるでしょう。病気を起こしたり、防いだりする免疫現象の全体をとにもかくにも把握しようという努力の現われとも言えるでしょう。
 分子生物学がリンホカインやケモカイン、サイトカインなどを明らかにし、その受容体とシグナル伝達機構も分子レベルで明らかにした結果、免疫学は新たな段階に入りました。しかし、今でも尚、コロコロ学説が変るのは、免疫のもう一つの主役である細胞を記述したり、細胞を操作する技術、細胞工学技術がまだ未発達であることが原因でありました。セルソーターなどの技術革新によって、細胞の性格付けと分離がかなりのところまで参りましたが、それでも細胞表面マーカーだけで解析するセルソーター技術では、機能ごとに完全に細胞を記述したり、分離することができない限界があります。
 多分、こうした限界を打ち破るのが、iPS細胞を生んだ遺伝子の直接導入による細胞分化誘導法となると思います。細胞内で発現されている転写調節因子のプロファイルを分析し、そのプロファイルを遺伝子導入で操作することによって(細胞培養条件も重要です)、標準化された免疫担当細胞を分化させることが可能となるかも知れません。こうした標準化された免疫細胞やその支持細胞を混合培養することで、免疫反応の再構成が出来るようになれば、免疫学がやっと試験管内で必要・十分条件を満たす実験結果を揃えることができるようになると思います。
 今最も注目を集めている制御性T細胞(Treg)はFOX3という転写調節因子の発現で規定された初めての免疫担当細胞であります。もう新しい波の先駆けはやってきているのです。まずは遺伝子導入の実験が進むでしょう。
 細胞工学的手法が完成すれば、免疫学の核心問題である個体差や自他認識の研究も一挙に進むでしょう。iPS細胞は単なる再生医療だけには止まりません。
 なにやら新たな技術革新の炎がぶすぶすと音を立てていそうな予感してきました。
 さて、今年はどこまで進みましたか?これからが楽しみです。
 寒くなってきました。皆さんもどうぞご自愛願います。