写真:BioJapan2008のハッピーアワー。なんとも幸せそう。本当に皆さんと仲良くなれました。この企画は心から実現したかったものです。出展者の絶大なるご協力に感謝、そしてバイオの元祖であるエタノールに深謝。
 現在、東京は一橋講堂でオミックス医療研究階会を取材しています。
 先週は皆さん、大勢、横浜にお越しいただき本当にありがとうございました。おかげで、BioJapan2008は前年の1.5倍の来場者をお迎えする盛り上がりとなりました。中日の夕方に開催したハッピーアワーにも80以上の機関・団体がワインやお国自慢のお酒などを提供していただき、皆で幸せになる経験もいたしました。
 来年もこの企画は絶対に継続したいと思っておりますので、どうぞご期待願います。
 この不況下にも係わらず、BioJapan2008が大盛況に終わった原因はあまたありますが、今回は新たにバイオプラスチックなど環境・エネルギー分野を取り上げたことも大きかったと思います。
 また、日本製薬工業協会の全面協力により、国内外70社以上の製薬企業が我が国のバイオベンチャーや大学とコンタクトするために参加しました。バイオベンチャーも300社は越えています。インターネットによるビジネスパートナリング・マッチングソフトも1000社・個人が参加、会期中に859件以上の面談が実行されました。北海道のバイオベンチャーイーベックのように、5500万ユーロでドイツBoehringer Ingelheim社に抗体を導出する成功例も出ました。
 やっと我が国でも、米国のBIO2007のように真の意味で”オープンイノベーション”が可能となったと確信しております。ただ物を売る展示会から、共同開発やライセンスアウトするパートナーや投資家を見つける次世代の展示会にBioJapnが急速に成長いたしました。
 来年はグリーンバイオの強化に加え、食糧など新しいテーマにも挑戦いたします。
 どうぞ皆さん、2009年10月7日から9日、横浜で開催するBioJapan2009で、またお会いいたしましょう。
 ps
 BioJapan2008の影の主役はサブプライム問題でした。これがどんな影響をバイオ産業に与えるか? 国内外の識者に聞いてみたところ、欧米の関係者が案外冷静で「確かにIPOのウインドウは暫く閉まるだろうが、バイオベンチャー投資ではつき物。バイオベンチャーは銀行の融資で研究開発を行っていないので影響は軽微だろう。製薬企業はサブプライムには手を出していないし、世界各国が需要創造のために公共投資するため、医療はむしろ市場拡大するのではないか。バイオベンチャーからの技術導入も継続する」といった意見が多かったです。
 実際、米国のダウジョーズの株式指標は今年1月から10月6日までに22%低下しましたが、AMEX BIOINDEXとNASDAQ BIOINDEXはそれぞれ6%と5%の下落で済んでいます。金融危機だからこそ、医療やバイオは手堅く投資のディフェンス銘柄になっているのです。
 しかし、残念ながらこうした事情は我が国では通用いたしません。
 日経平均よりも日経バイオテクバイオインデックスの方が下落率が高い状況です。これはホリエモンショックの新興市場バブル崩壊に加え、現在上場している企業が2年前から業績の下方修正を繰り返し、投資家離れを引き起こしていたことが大きいと思います。アンジェスやタカラバイオなど数社を除き、自立的な成長を可能とするビジネスモデルと知財を持っていないことに、投資家があきれ果てた結果といえるかも知れません。
 但し、イーベックのような企業も出てきました。我が国で臨床開発を行っている企業も30社程度にのぼり、いよいよ我が国でも知財と事業モデルとコンプライアンスを備えた国際競争力を持つベンチャー企業もいくつか台頭してきました。彼らこそ日本の未来であります。
 2009年はこうしたベンチャーを再生し、我が国にイノベーションシステムを復活させる年であると、思っています。
 今多数のベンチャー企業の苦しみの声が聞こえます。しかし、この整理再編成地獄を乗り越えたら、国際的に通用する強いベンチャー企業が我が国にも生まれるのです。どうぞ、それまで頑張りましょう。