敬愛する野茂投手引退のニュースに触れ、金曜日にもかかわらず登場いたしました。当時、日本プロ野球界を敵に回してまで、渡米した野茂投手の挑戦がなければ、私たちの野球はいつまでの米国のセカンドシチズンで終わっていました。彼の勇気が、私たちが挑戦しもしないで怯んでいた臆病を払拭し、次々と渡米する後継者を生み、野球のグローバル化に貢献したことは忘れてはなりません。口数少ない野茂投手のコメントで「まだやり残したことも悔いもある。しかし、観客を楽しませることが出来なくなり、引退を決意した」。プロ選手として引き際を決めた潔さと尚かつプロ選手への執念を残した、しぶとさに感心いたしました。
 今では当たり前のようにプロ野球ニュースで大リーグのニュースが流されていますが、これは野茂投手以前にはなかったことなのです。ニュースの上では、日本のプロ野球も大リーグも等しく並べられていることは、プロ野球でも世界市場の統一化が進んだ証です。
 野茂投手が証明したことは、世界市場の統一は実は才能の移動や世界市場への開放によって、実現できるということです。野茂投手に感謝は尽きません。
 わが国のバイオ研究者やバイオのビジネスマンの中で、己の才能を世界市場で確かめる機会を得る人は何人いるのか? これはわが国の外資系でローカルスタッフとして雇われるという意味ではありません。世界市場で起こっている知的な創造とそのマネージメントに参画するプロパーとして、つまり一軍に入って、勝負をする人材がどれだけいるのか? 
 私自身のことも含めてもう一度、考え直さなくてはなりません。
 さて、最後に一つお願いです。
 大学や研究機関でライフサイエンス分野の研究成果を産業界へ伝え、共同研究や製品開発に役立てていただく「技術シーズ・レター(ライフサイエンス分野)Vol.4」の企画を進めています。一言で言えば、ウェブ上や紙面で共同研究やライセンス先を募集する試みです。今年で第4回になりますが、効率よくパトナーや提携先を見つけことができます。実績もあります。
 どうぞ下記より詳細にアクセスし、8月5日までにお申し込み願います。
http://innovation.nikkeibp.co.jp/etb/20080701-00.html
 週末も蒸しそうですが、熱中症にならぬようお気を付け願います。