写真:ヒトiPS細胞を作成する技術員を緊急募集したいと、山中教授。
 まずは、京都大学iPS細胞研究センターの山中センター長からのお願いです。
 現在、京都リサーチパークに仮住まいしているiPS細胞研究センターで技術補助員2人を緊急募集中です。「ヒトES細胞を取り扱った経験のある技術者なら最高だが、細胞培養の経験のある方であれば、当方がきちっとiPS細胞の取り扱いを指導しますから、安心して応募願います」と山中教授は確約してくれました。
 今後、急速に研究が進展するiPS細胞の培養技術を習得して、皆さんの未来を切り開きましょう。詳細は下記にアクセス願います。
http://biotech.nikkeibp.co.jp/100hpn/100hpdetail.jsp?id=3471&site=btj
 さて、今朝ほどやっと終わったウィンブルドンに言及しない訳にはいかないでしょう。昨日の深夜、ナダルVSフェデラーの決勝戦で、2セットをナダルが先取したところで、「これは全仏のようにナダル圧勝だ」と寝てしまったのが大間違い。早朝に起きてテレビを見ると、フルセットでフェデラーが6:7で勝っているではありませんか? これで「やっぱり芝の王者はフェデラーだった」とまた二度寝したのが致命的。朝起きて見ると、ナダルがウィンブルドンを制していました。まるで狐につままれたようでした。
 しかし、クレイの王者が、そのコートカバー力とラケットヘッドのスピード、そして無限のスタミナを活かして、これからテニスを変えていくことは間違いないと思います。今年のウィンブルドンは女子もビーナスウィリアムスであり、マッチョな大会であったと思います。
 さて、いろいろ皆さんに書きたいことは一杯ありますが、もうそろそろ厚労科学審議会の技術部会に出席しなくてはなりません。今回の会議のメインテーマは、07年度の厚労科学研究費補助金の成果の評価と、遺伝子治療研究です。
 厚労科学研究費の話を聞けば聞くほど、この補助金はもっと使いやすく、尚かつ、国民の健康増進のために、支出するメカニズムを改善すべきだと、思い始めました。現在、厚労省関連のナショナル研究センターの独立行政法人化の議論が始まりつつありますが、そうした組織改革と厚労科学研究費の制度改革も行う必要があるのではないでしょうか? 絶好のタイミングです。
 今週もお元気で。
 PS1
 ノバルティス社が8月末に東京で開催するBIOCAMP JAPANはバイオ技術革新を背景に、こうした新分野のアントレプレナーを養成するために開催する教育プログラムです。しかも、BIOCAMP JAPAN で活躍した人材を2名選抜、10月に香港で開催されるグローバルのBIOCAMPに送り込もうというこのです。
http://www.novartis.co.jp/campaign/camp2008/index.html
 ぜひとも皆さんに挑戦していただきたいと思います。今年こそ、我が国の代表が香港でグローバルに高い評価されることを期待しています。
 応募は、下記をご覧なって、お早めに願います。問題は英語で小論文を書くことですが、英語力は選抜の大きな要素ではないと申し上げましょう。
 とにかく、挑戦です。締め切りは7月14日です。
http://www.novartis.co.jp/campaign/camp2008/index.html