写真:個の医療のメールマガジン。ここで個の医療の最前線の情報を提供中。登録はこちらから。
 イリノテカンの投薬量を加減するため、患者さんの解毒能力(薬剤の代謝活性)を調べる診断薬が2008年6月16日に、我が国の厚労省から販売認可を獲得。解毒酵素UGT1A1の遺伝型を検出する我が国初の遺伝型に基づく個の医療の体外診断薬だ。米国に遅れること2年。
 詳細は下記の記事は下記よりアクセス願います。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/3942/
  San Diegoに滞在しているため、本日行われる歴史的記者会見に出れないのが本当に残念です。
  積水メディカルさん、帰国後、是非とも取材させてください。
               Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満