さて、今やっと、BioJapan2008の打ち合わせが終わったところです。
 今年のBioJapanは横浜で10月15日から17日まで開催されます。今年は今までと一味違う展示会となりそうです。いわば我が国のベンチャー企業が成長の機会を掴み、我が国の製薬企業や投資家達は、有望なシーズを掴む機会を提供する仕組みが着々と揃いつつあります。ここは研究ではなく、バイオをビジネスする競技場なのです。
 まさしく我が国のバイオのキーマンが横浜に集結いたします。
 どうぞご期待下さい。
 6月にはマッチングサイトを開設いたします。どなたでも無料で登録、バイオの商談を進めることができます。是非とも日程確保を今からお願いしたいと思います。まだプログラムは未発表ですが、詳細は下記のサイトからアクセスできます。6月中にはプログラムも発表されます。医薬だけでなく、診断薬・デバイス、バイオ燃料・バイオプラスチックなど、世界のバイオの最新潮流にアクセス願います。
 ところで、武田薬品が神奈川県藤沢市に建設を予定している新研究所で、P3実験施設に懸念を示す住民運動が高まりつつあります。企業の説明のスキルにも問題がありそうですが、何故、今頃こんな古典的な反対運動が日本に残存しているのか?東京の目白の学習院大学でも似たような反対運動が起こっています。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/3255/
 この30年間、日本人は生命科学の進歩と実績にまったく置いてきぼりをくらってしまったのではないかという感じを受けます。
 6月末の官民対話でも、バイオに関する国民理解醸成にきちっと国や産業界が対応すべきだという合意が形成される見込みです。今こそ堂々とバイオを語る時代がもうすぐ我が国でも到来いたします。
 武田薬品も学習院も、ここは市民の理解を得るために誠実に対応しなくてはなりません。
 さて、今週はシカゴに1泊3日で取材に飛んで、6月15日から再びサンフランシスコに、BIOの取材で訪れます。酷い日程ですが、何とか楽しくこなしたいと思います。
 これが多分最後のお願いとなりますが、皆さんに6月、アリゾナ州Phenixとカリホルニア州San Diegoにご一緒に行きましょうというお誘いです。そろそろ締め切りが迫ってまいりましたが、まだなんとか若干の余裕があります。今回の旅はバイオが直面する事業化の現実をきわどく見てこようというものです。
 今年も、大阪商工会議所がBIOの視察団を派遣します。
 今回の目玉はアリゾナ州政府前面支援の下、FDAがアリゾナ大学と共同で創設したクリティカルパス研究所を訪問することです。臨床開発を加速するための、制度や技術的な研究の中心に直接訪問いたします。製薬企業・創薬ベンチャー必見です。
 勿論、世界のバイオを知ることができるBIOにも参加いたします。6月15日から21日、米国にご一緒いたしましょう。
 詳細は下記のリンクをご覧下さい。一読の価値はあります。
http://www.osaka.cci.or.jp/Seminar_Event/bio2008_mission/index.html
 毎朝、パワーブレックファーストで、本日の見所や昨日の成果の情報交換もいたします。これはきついが、役に立ちます。一人でも多くの方のご参加をお待ちいたします。
 今週もお元気で。