写真:ロシアで認可された世界初のがんワクチン「Oncophage」。
 抗体医薬の次は、間違いなくワクチン、それも感染症ワクチンを第一世代とすると、次のワクチンはがんやアルツハイマー病を対象とした自己抗原ワクチンです。
 今まで噂ばかりが先行していましたが、世界で初めて患者のがんを抗原としたがんワクチンがロシアで08年4月8日に認可されました。米Antigenics社の「Oncophage」がその第一号の商業化がんワクチンです。腎臓がんが当面の適応ですが、欧米で腎臓がんに加えて、メラノーマで現在フェーズIIIに進んでいます。米国ではファストトラックの認定を受け、欧州ではオーファンドラッグの指定を受けています。
 患者のがん組織を同社の研究所に送り、ヒートショックたんぱく質とペプチドの複合体を精製し、がんワクチンとします。それを病院で患者の筋肉注射して免疫します。がん関連抗原とヒートショックたんぱく質の複合体を樹状細胞が認識し、がんを攻撃する細胞障害性T細胞を活性化させる訳です。
 ロシア政府の認可を受けて、欧米の医薬審査機関がどんな判断を下すか?興味津々です。
 自己抗原を認識する次世代ワクチンの時代が、とうとうやってきました。BTJでも詳報いたしますので、どうぞご期待願います。
 Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満
ps
 大学、公的研究機関、政府の関係者に、月500円で日経バイオテクオンラインからえりすぐった基礎、大学、ポスドク問題、研究費など科学政策、政府動向、そして大学発ベンチャーの動向の記事を読み放題で提供いたします。学問も一つの穴に閉じこもっておればよい時代は過ぎました。皆さんの幸せと研究を発展させるために不可欠なニュース源にご登録願います。下記のサイトのワン・コインでニュースは全部読み放題です。是非お試し願います。
http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp?jreq=spnews&pg_nm=1
ps
 バイオ関係者の8割が受信しているメールニュース、BTJ/HEADLINE/NEWSはもうご登録いただいていますか?まだの方はどうぞ、下記よりご登録願います。毎週、月、水、金送信。
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/btjh/index.html
 テイラーメイド医療、オーダーメイド医療に関する週1回のメールニュース「個の医療」もどうぞご登録願います。最先端の個の医療の動きを把握できます。毎週水曜日送信。
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/p-med/index.html