遺伝子組換え植物を使ったペット用医薬品が実用化された。求められる品質で安定して医薬品を生産するために、完全制御型の植物工場で栽培生産されている。これまでの経験の蓄積から、遺伝子組換えトウモロコシの第一種使用の申請に国内隔離圃場試験が不要とする改正案が示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)