狭義の再生医療とは、細胞を原材料として臓器や組織の機能を回復させる医療技術を意味する。一方、広義には、特定の機能を持った細胞を医薬品のように使用する「細胞医薬」を再生医療として取り扱う場合もある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)