ワクチンの研究開発に積極的ではなかった国内の製薬企業が、開発を加速させている。パイプラインの中でも目立つのが、ウイルス様粒子(VLP)ワクチンの開発だ。有効性や製造の面でメリットが多い反面、アジュバントが必要になるなど課題もある

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)