近年、画像評価技術の進歩や、検診の普及・啓蒙が進み、がんが早期に発見されるケースが増えていること、さらには手術手技、薬物療法、放射線治療などが進歩したことによって、がんと診断されても、その後、社会復帰するケース(がん経験者、がんサバイバー)が増えてきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)