アバスチンの別の用量・用法での使用に関する承認を受けて行われた存続期間延長登録出願に対し、知財高裁は認める判決を下した。現在、上告されているが、バイオシミラーを開発する上で注目される判決だ。このほか世界各地で制度の変更が行われている。

(長谷川国際特許事務所 弁理士 中谷智子)

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)