情報ランキングに活躍するバイオインフォマティクス

(2014.12.17 17:24)

次世代シーケンサ(NGS)やマイクロアレイによりゲノムワイドな情報を一度に取得できるようになった。これだけでなく、研究用の参照データベース(公共データベースやインハウスデータ)も同様に肥大化している。ここではこの参照データベースのことをナリッジデータベースと呼ぶことにする。

今、または今後のインフォマティクスの傾向を考えてみると、従来の実験データを、統計処理やネットワーク解析を行って、研究者の感覚で重要なファクターを取り出すために使われていたインフォマティクスから、研究用の参照データベースを探索しつつ目的に沿った結果を理解しやすい形で見るためのパイプライン処理技術や、参照データベースの蓄積方法やデータマイニング方法、結果のランキング方法など、未来形のインフォマティクスへと変化してきている。

本章では、与えられた問い合わせに対して、客観的な答えを出す、もしくは答えをランキングするためのインフォマティクスについて、今の動向を解説する。

インフォマティクスは、人工知能とまでは行かないが、情報の蓄積、学習をして答えに優先順位をつけることが可能になってきた。

(ワールドフュージョン代表取締役 川原弘三)

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2015
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧