次世代シーケンサ(NGS)やマイクロアレイによりゲノムワイドな情報を一度に取得できるようになった。これだけでなく、研究用の参照データベース(公共データベースやインハウスデータ)も同様に肥大化している。ここではこの参照データベースのことをナリッジデータベースと呼ぶことにする。

今、または今後のインフォマティクスの傾向を考えてみると、従来の実験データを、統計処理やネットワーク解析を行って、研究者の感覚で重要なファクターを取り出すために使われていたインフォマティクスから、研究用の参照データベースを探索しつつ目的に沿った結果を理解しやすい形で見るためのパイプライン処理技術や、参照データベースの蓄積方法やデータマイニング方法、結果のランキング方法など、未来形のインフォマティクスへと変化してきている。

本章では、与えられた問い合わせに対して、客観的な答えを出す、もしくは答えをランキングするためのインフォマティクスについて、今の動向を解説する。

インフォマティクスは、人工知能とまでは行かないが、情報の蓄積、学習をして答えに優先順位をつけることが可能になってきた。

(ワールドフュージョン代表取締役 川原弘三)

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)