高血圧治療薬の臨床研究のデータ捏造疑惑事件(ディオバン事件)が発端となって、臨床研究に関するデータ捏造疑惑や製薬企業の不公正な関与が、次々と明らかになってきた。これを受けて臨床研究正常化が始まった。2014年は臨床研究指針が強化され、臨床研究の法制化の検討が最終段階に達した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)