2010年に登場した第2世代のゲノム編集技術のTALENに続き、2013年初めに登場した第3世代のCRISPR/Casが、急速に発展・普及している。遺伝子の機能解析が飛躍的に進み、高等生物のゲノム編集育種が容易になってきた。細胞治療や遺伝子治療への応用も進む。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)