研究用途の遺伝子導入装置や遺伝子導入試薬の市場は一定の規模を保ち、年々微増している状況だ。一方で臨床用途の遺伝子導入試薬については、研究開発が活発化しており、実用化に向け治験入りする品目も出てきつつある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)