藻類

(2014.12.17 16:34)

微細藻類の実用化は天然界からの藻類の選抜と育種、培養技術の進歩により拡大しており、クロレラやスピルリナ、アスタキサンチン産生藻類など、付加価値が高い生産物が事業化されている。ゲノム編集による微細藻類の育種も発表された。微細藻類は、太陽エネルギーを基にした再生可能バイオマスエネルギーの最有力候補の1つ。米国や欧州、オーストラリアなどでは市場を立ち上げる政策が強力に進められ、2014年にも商業生産を開始したプラントが相次いだ。日本では新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)や農林水産省、科学技術振興機構(JST)などが藻類バイオ燃料の研究開発を推進している。東日本大震災後の復旧復興の一環で藻類を利用する取り組みも成果を挙げている。2012年12月には東京大学発ベンチャーのユーグレナが東証マザーズに上場し、2013年11月に奈良先端科学技術大学院大学発ベンチャーの植物ハイテック研究所を子会社に収めた。内閣府の総合科学技術・イノベーション会議の主導で2014年度から始まった革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)と戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の両方への参加が決まった。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2015
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧