アミノ酸機能性食品

(2014.12.17 16:21)

機能性アミノ酸を配合した食品の市場(消費者購入ベース)は年1000億円ほどとみられている。ヒト試験の成果をもとにアミノ酸の健康機能を訴求した有力サプリメントは相次ぎ、商品化されている。アミノ酸機能性食品のトップブランド「アミノバイタル」を持つ味の素は2013年10月、アクティブシニア・プロジェクトを発足させた。ロコモティブシンドローム対策にロイシンなどの健康機能を活用する。米乳製品輸出協会や明治なども、ロイシンをはじめとする分岐鎖アミノ酸の健康機能の強化を進めている。協和発酵バイオはシトルリンとアルギニンを主成分とする「NO BOOSTER」を2013年12月に発表した。砂糖に比べ2万倍から4万倍の甘味度のアミノ酸系甘味料アドバンテームは、2011年の米国発売に続き、日本では2014年6月に食品添加物の認可を取得した。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2015
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧