プロバイオティクス/乳酸菌

(2014.12.17 16:17)

プロバイオティクスが広く利用されているヨーグルト/乳酸菌飲料の市場は拡大しており、各社が増産を進めている。明治は「R-1」プロバイオティクスヨーグルトの開発で日本農芸化学会の技術賞を2014年春に受賞した。2014年5月にはヤクルト本社の米工場が稼働した。2014年DNAシーケンサーの高性能化が寄与して、腸内細菌の健康影響に関するゲノム情報を解析する研究が急速に発展している。腸内菌を構成する菌叢(フローラ)にはやせ型と肥満型があるという知見から肥満対策に寄与するプロバイオティクスの研究が盛んだ。腸内フローラと疾病の論文はトップジャーナルに多数発表されており、2013年12月には自閉症スペクトラム障害との関連がCell誌で発表された。健康な腸内フローラを患者に移植する臨床試験が2014年に日本でも始まった。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2015
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧