アスタキサンチン

(2014.12.17 16:16)

アスタキサンチンはサケ、エビ、カニなど、主に海洋生物に含まれる赤い色素成分。カロテノイドの1つで、活性酸素の消去能が強く、とりわけ一重項酸素の消去能に優れる。もともとはこれら魚介類・甲殻類が餌としている藻類が作っている色素だ。アスタキサンチンの供給源としては1980年代後半にはオキアミなどの甲殻類が使用され、また80年代初めに欧州で確立された化学合成法による合成アスタキサンチンが90年代以降から、養殖魚の色揚げ剤など水産用途で使われている。天然物由来のアスタキサンチンとしてはファフィア酵母や緑藻のヘマトコッカス藻も使用されるようになり、2000年になってからはサプリメントや化粧品業界でのニーズが高まり、ヘマトコッカス藻類の抽出物が広く利用されている。また微生物のパラコッカスも、水産用途で使われるようになってきた。2014年9月には第10回アスタキサンチン研究会が北海道大学で開催された。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2015
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「バイオベンチャーのエコシステム、その課題を激論!」
    2019年7月29日開催!伊藤レポート2.0「バイオメディカル版」の一橋大学・伊藤邦雄教授による基調講演をベースに、伊藤教授とVC、証券アナリストなどを交えて徹底討論します。新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」発刊記念セミナー。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧