保健機能食品(特定保健用食品/栄養機能食品)

(2014.12.17 16:10)

2014年10月2日付の12品目の表示許可で,特定保健用食品(トクホ)の総数は1130品目(許可1129+承認1)になった。ここ1年(2013年10月21日より後)で62品目が新たに表示許可を取得した(一覧表参照)。1年前は、2013年10月21日付の4品目許可で総数1080だった。差し引き、表示許可を取得していたトクホのうち12品目が取り消しになったと計算できる(1080+62-1130=12)。トクホの“関与する成分”(有効成分に相当)の新規成分は、ここ1年では該当無しだった。乾燥肌対策のコンニャク芋由来グルコシルセラミド(資生堂)や、血糖値対策のサラシア属植物エキス(富士産業、小林製薬)が、新たなトクホの関与成分として認められる見通しだ。これに続き、歯ぐき対策のユーカリ抽出物(ロッテ)の安全性評価書がほぼまとまり、2014年11月13日まで食品安全委員会が意見募集を行った。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2015
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧