食品概論

(2014.12.17 16:08)

 2014年は、6月27日に厚生労働省が組換えDNA技術応用食品および添加物の安全性審査の手続きの一部を改正した。カルタヘナ法の対象外であるセルフクローニングやナチュラルオカレンスに相当することを事業者が判断して良いことになった。2013年6月の規制改革実施計画の閣議決定により、2015年度に「機能性表示食品(仮称)」が登場することが決まった。食品表示法は2013年6月に成立・公布され、2015年6月までに施行されることが決まった。これに伴う栄養表示基準の義務化は2020年6月までに導入される。12月に「和食:日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録された。2015年5月1日から10月31日までイタリアで開催される2015年ミラノ国際博覧会(ミラノ万博)の日本館で和食の魅力が展示される。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2015
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧