血液凝固因子

(2014.12.17 15:53)

血液凝固因子には幾つかの種類があるが、第VII因子、第VIII因子、第IX因子、第XIII因子などが、血友病や凝固因子欠乏による出血傾向などの治療のために製剤化されている。2010年1月には日本で血友病Bに処方される第IX因子製剤に遺伝子組換え製剤が初めて登場。第VII因子製剤、第VIII因子製剤とともに、遺伝子組換え製剤の市場を活性化している。しかし、遺伝子組換え製剤の台頭は、血漿分画で生産してきた凝固因子製剤の必要性を低下させるために、血漿分画での製造に頼らざるを得ない免疫グロブリンの生産に影響を与えるとの指摘がなされている。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2015
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧