国内では2010年に、新たな治療用抗体/受容体蛋白質医薬として「ベクティビックス」「ソリリス」「オレンシア」が、2011年は「ステラーラ」「イラリス」「シンポニー」が、2012年には「ランマーク」「ポテリジオ」「アイリーア」が発売となった。2013年では「シムジア」「プラリア」「アーゼラ」「パージェッタ」の販売が開始された。既存薬の成長と新薬効果で治療用抗体市場は拡大しており、2013年も前年同期から2桁の成長率を示した。2013年も2桁の拡大が見込まれる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)