iPS細胞やES細胞関連製品の市場が拡大。臨床応用を見据え、厚労省の規制にのっとる製品も登場した。iPS細胞由来の心筋細胞を用いた心毒性評価をはじめとする創薬向けの評価技術の開発が相次いでいる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)