2010年から国内でも抗うつ薬、抗てんかん薬など海外で実績のある新薬の発売が相次いだ。一方で、日本の創薬研究から生み出された向精神薬、抗てんかん薬、神経変性疾患治療薬も海外市場で発売され、成長している。発売わずか3年目でブロックバスターの仲間入りを果たした製品もある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)