肥満/メタボリックシンドローム

(2014.12.17 16:14)

肥満症治療薬は、日本では2013年9月に武田薬品工業とオランダNorgine社の膵リパーゼ阻害薬「オブリーン」(セチリスタット)が承認された。まだ保険適用になっていない。米国では、武田薬品工業と米Orexigen Therapeutics社の「Contrave」が2014年9月に承認され、10月に販売が開始された。米食品医薬品局が承認する13年ぶりの肥満症治療薬となった2012年6月承認のエーザイと米Arena Pharmaceuticals社の「Belviq」、2012年7月承認の米Vivus社の「Qsymia」に続いた。2013年10月には、経口投与で作用を発揮するアディポネクチン受容体アゴニストを見いだした成果を東京大学の門脇孝教授らが論文発表した。一方、MetS対策に役立つという食品成分の研究開発・実用化は引き続き活発だ。2013年10月にサントリー食品インターナショナルが発売したケルセチン配合の体脂肪対策トクホ茶飲料「伊右衛門 特茶」は、販売額がトクホ茶飲料でトップになった。世界に先駆けて日本で実用化されている内臓脂肪計は、パナソニックが2014年8月に新発売し、2011年8月発売のオムロンヘルスケアに続いた。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2015
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「バイオベンチャーのエコシステム、その課題を激論!」
    2019年7月29日開催!伊藤レポート2.0「バイオメディカル版」の一橋大学・伊藤邦雄教授による基調講演をベースに、伊藤教授とVC、証券アナリストなどを交えて徹底討論します。新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」発刊記念セミナー。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧