ゲノムの標的部位特異的に遺伝子を送達できる人工ヌクレアーゼ技術が次々と商品化され、研究者が容易にアクセスできるようになってきた。遺伝子改変が難しいとされる大型動物でも、人工ヌクレアーゼを利用した効率的なモデル動物作製が実現した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)