次世代シーケンサーの急激な高性能化・ハイスループット化に伴い、ゲノムワイドで網羅的な遺伝子解析が可能な時代が到来した。それを受け、DNAチップ/マイクロアレイの、消耗品の単価は下落傾向にある。しかし、依然として、DNAチップは解析コスト面ではまだ優位性を保っているため、カスタムアレイを作製し、非モデル生物研究用、個別化医療用、食品検査用などDNAチップならではのアプリケーション開発が進められている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)