2013年は、大規模なたんぱく質製造設備の国内での稼働や、海外企業の買収による新規参入など、受託生産市場の成長性を予感させる出来事が続いた。既存のCMOでは、より生産性の高い生産プロセスの研究が進んでいる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)