これまで遺伝子解析サービスの中心プラットフォームであったDNAアレイから、次世代シーケンサーに急速に移行している。しかし、次世代シーケンサーの解析工程は複雑でそのワークフローが十分に確立していない。また、アプリケーションや試薬の数が膨大であり、短期間でバージョンアップされることも多い。そのため、サービスの品質を保証しつつ、独自の受託アプリケーションを提供できる企業はそれほど多くはない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)