これまで研究目的で使用されてきた機器や分析法が、臨床現場でも活用され始めている。バイオサービス・装置・システム業界では、将来の臨床応用を視野に入れ、薬事承認などの規制に対応できる品質の製品・サービスの提供が盛んだ。比較的規模の大きい企業の買収や、事業再編も実施された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)