東日本大震災の被害を受けた東北地方を中心として、植物工場の計画・着工が相次いでいる。参入する企業や大学が増えるとともに行政からの支援も得て注目される植物工場であるが、採算の取れるビジネスに育つにはまだ課題は多い。一層の低コスト化と高収量化を推進することが必要である。一方、薬用植物の栽培や遺伝子組み換え植物によるたんぱく質生産など、世界に先駆けて開発された技術も実用化ステージに入り、植物工場の今後の事業展開が期待される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)