国内の農薬市場は横ばいが続いており、2012年の市場規模は前年から微増となったと推定される。その中で、成長が期待されるのが環境保全型の製品である「生物農薬」。生物農薬は「天敵昆虫」「天敵線虫」「天敵微生物(微生物農薬)」の3つに大別できるが、とりわけ微生物を使ったタイプの品ぞろえが多く、殺虫剤や殺菌剤、除草剤、ウイルス剤の形でじわじわ普及しつつある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)