サントリーがカーネーション、バラに続き青いユリの開発に新潟県農業総合研究所と共同で成功したと2012年5月に発表した。サントリーは遺伝子組み換えの青いバラ「サントリー ブルーローズ(blue rose) アプローズ(APPLAUSE)」の事業を拡大しており、2011年は販売エリアを日本全国に広げた。2013年6月からは、青いカーネーションのスプレータイプを発売した。日本製紙グループ本社は独自の光独立栄養培養技術を活用して茶樹の苗木を事業化している。農業・食品産業技術総合研究機構(NARO)野菜茶業研究所などが開発した高アントシアニン茶「サンルージュ」の実用化も進めている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)