2013年の遺伝子組み換え品種の米国における作付面積の比率はトウモロコシ90%、ダイズ93%、ワタ90%だった。2012年の遺伝子組み換え作物の栽培面積は、ダイズ8070万ha、トウモロコシ5510万ha、ワタ2430万ha、ナタネ920万haと集計されている。健康機能のエビデンスが蓄積されているω3高度不飽和脂肪酸を豊富に含むダイズの実用化を米Monsanto社が米Solae社と共同で進めている。



この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)