腸内菌叢(フローラ)の善玉菌を増やして整腸効果などを発揮するプレバイオティクス/オリゴ糖や、生物の乾燥耐性にも寄与するトレハロースの研究開発は、日本が世界をリードしている。2013年も肥満対策や美肌効果などの健康機能性の研究成果が多数発表された。2013年度のトレハロースの市場は、約3万4000t、およそ100億円規模と推定できる。林原はトレハロース専用の新工場を09年8月に稼働させた。さらに80億円を投じて岡山第一工場を移転して機能性糖質製品群の売上高を年50億円から100億円へ増やす。新工場の建設は2013年4月着工で、2015年3月の竣工を予定している。松谷化学工業は20億円で建設した希少糖含有シロップの製造工場を2013年夏に稼働させた。生産規模は年1万2000tだ。日本製紙は難消化性オリゴ糖セロビオースの健康機能に関する新たな成果を2013年に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)