2013年はコーヒー豆に多いポリフェノール成分のクロロゲン酸と、タマネギに多いポリフェノール成分であるケルセチンが相次ぎ、肥満対策の大型トクホ飲料として商品化され、茶カテキン類に続いた。肥満やメタボリックシンドローム対策にポリフェノールの機能を活用する研究が大きな実を結んだ。美肌作用などビューティー&ヘルスに寄与するポリフェノールの研究と商品化も裾野を広げている。長寿遺伝子に働きかけるパッションフルーツ種子エキスの事業化を森永製菓が進めている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)