微生物の力を使って汚染を浄化するバイオレメディエーションは、医療に例えるならば、人体の持つ治癒能力を高めて病気を治す「漢方薬」のような存在。浄化に時間がかかったり、高濃度・複合的な汚染には適用が難しいという欠点もあり、市場はずっと低迷していた。しかし、福島での原発事故をきっかけに、放射性物質の除染にバイオレメディエーションを利用するための研究が始まっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)