2012年8月に米国の特許紛争で勝訴した生化学工業が、架橋ヒアルロン酸製剤「Gel One」の米国発売を本格化させた。国内市場は2012年4月の薬価引き下げの影響を被ったが、高齢化で市場は堅調に拡大した。食品・化粧品用途も定着。分解の新たな機構の発見など基礎研究も進む。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)