日本バイオマス製品推進協議会の調べでは、化学合成系のバイオマスプラスチックの国内市場規模は、2011年に2万1861tになった。2010年と比較すると約1万2000tも増えた。



バイオポリエチレンとバイオPETの利用が増加したことが寄与した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)