バイオマスプラスチックの主役がポリ乳酸からポリエチレンやポリエステルに移行しつつある。これまでは十分な量が入手できるバイオプラスチックがポリ乳酸しかなかったため、無理にポリ乳酸を使用している面があった。しかし、バイオマス由来原料から製造された汎用プラスチックが普及したことで、切り替えが始まった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)