イメージング装置が普及し、幅広い用途で使用されるようになったため、新製品としては患者に負担をかけることなく撮像が可能な機器の開発が盛んだ。タウ、ニコチン受容体など、新しい標的を画像としてとらえる薬剤の開発が進んでいる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)