新薬と同時承認のコンパニオン診断薬が登場し、2012年の診療報酬改定では高い診療報酬が付けられた。とはいえ、その開発手法や審査体制などはまだ確立されているとはいえず、課題をクリアしながら市場は拡大している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)