VEGF阻害効果を持つたんぱく質医薬「アイリーア」(アフリベルセプト)が日本で発売され、順調に売り上げを伸ばしている。滲出性加齢黄斑変性の治療のため、患者由来のiPS細胞から分化させた細胞を移植する臨床研究計画には、厚生労働大臣がゴーサインを出した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)